会社案内

会社案内

よくあるご質問

中国製作の場合、品質の保証はどうなっているのでしょうか?

品質に関しては「材料」・「寸法」・「焼入れ硬度」・「外観」の問題だと考えております。

材料 :材料のミルシートを提出いたします。
又、場合により、日本の公的検査機関、産業試験所に持ち込みし、
再チェックいたします。
寸法 :図面に基づき、寸法ゲージを作製し、製作過程でのチェック、
及び、完成後の抜き取り検査をおこないます。
又、場合により、全品検査をおこないます。
焼入れ硬度 :当該商品を抜き取りの上、硬度計にて検査し、検査表を作成いたします。
又、場合により、日本の公的検査機関に持ち込みし 再チェックいたします。
外観 :完成後、全品検査をおこないます。
特に、バリ・瑕のないように重点的に検査いたします。

初めての品物に関しては、サンプルを作製しユーザー様の確認後、ロット生産を始めます。

サンプルと実際の品物が異なる場合はありませんか?

過去の実績から申しますと、サンプルよりもロット生産の方が、遥かにいい品物が出来上がります。
ロット生産の場合は治工具・測定ゲージ作製から始めるために、寸法・外観などの面で、
サンプルよりもいい品物が出来上がります。

クレームが発生した場合の対応を教えて下さい。

クレームを起こさないように十分な検査体制をとっておりますが、もしクレームが発生した場合は、
弊社の責任のもと、代替品を日本で製作するか、中国で再製作いたします。
中国で再製作する場合は、航空便又は、特別快速艇にて船積みし、迅速に納入いたします。
弊社の基本方針はお客様の生産スケジュールに問題を発生させないようにする事です。

中国での現地確認は可能ですか?

可能です。全てをお見せしますので、お客様が納得のいかれるまで現地で確認なさって下さい。

生産工程を教えて下さい。

切削部品/プレス品/鋳物/アルミダイキャスト部品により異なりますが、概して下記の工程で進みます。

表面処理工程を教えて下さい。

粉体塗装

電気亜鉛メッキ

溶融亜鉛メッキ

備考:各表面処理の前処理及び本工程は、その形状・大きさ等により最適の方法で処理されます。

日本のどの地域まで納入できますか?

トラック便がある所でしたら、日本全国どこでも納入可能です。

標準品の在庫は持っていますか?

申し訳ありませんが、弊社は各お客様へのオーダーメイド生産がメインの為、標準品の在庫は持っておりません。

見積もり条件及び支払い条件を教えて下さい。

見積もりは全て、指定納入場所までの運賃込み価格を見積もりいたします。
支払い条件は、打ち合わせさせて頂きます。

製作・取引の機密事項は守っていただけますか?

守らせて頂きます。必要な場合は、書面にて契約させて頂きます。

品物によっては国内製作も可能でしょうか?

可能です。国内製作もおこなっております。

最初の取引はどうすればいいのですか?

国内取引と同じです。
Fax 又は e-mail にて見積もり依頼の図面を下記宛てに送付して頂ければ 返事及び見積もりいたします。

東日本地域 FAX:03-3670-8018 E-mail: info@tokyo-tra.jp
西日本地域 FAX:06-6910-6280 E-mail: info@tra.jp